牡蠣

妊活に生姜

妊活中は栄養バランスの良い食事を摂り、規則正しい生活を送らなければいけませんが、できるだけ身体を冷やさないようにすることが重要です。
ここでは身体を温める他にも、様々な健康効果があることで知られる生姜が、妊活におすすめの理由を紹介します。

生姜にはシンゲロールという成分が含まれており、辛味成分の一つとしても認知されています
このシンゲロールが末梢血管を拡張し、身体をポカポカ温めてくれます。
ただし、シンゲロールはそのまま摂取しても、妊活にはあまり効果がありません。
なぜなら、一時的に体温を上げたとしても、その後発汗により体温を下げてしまうからです。

生姜の発熱効果を妊活に活かすためには、生姜を加熱・乾燥させることによって生まれた、ジンゲロンとショウガオールが必要となります。
これらはシンゲロールとは異なり、血行そのものを良くさせ、妊娠しやすい体へと変えてくれます。

生姜は料理にも使えますが、生姜湯や生姜紅茶など、飲み物に入れても美味しく摂れるので、妊活中は積極的に摂り入れましょう。
そのままでは辛味が強くて飲みづらい場合には、体内の毒素を分解するハチミツと一緒に摂取することで飲み口がよくなり、より妊活に適した体作りが行えます。

生姜は身体を温める以外にも、胃や腸に働きかけることで、消化器機能を促進する効果や、吐き止め効果、風邪の予防、血液の循環を良くする効果など、その他にもたくさんの効果があることが世界中で認められています。
その証拠にインドや中国では古くから薬としても活用されていて、漢方のほとんどに生姜が含まれているという事実があります。
生姜は他の有効成分との相乗効果も認められるため、漢方にはなくてはならないモノなのです。

このように、身体を温めることで知られる生姜は、妊活中にはもってこいの食材で、他にも生姜に含まれる成分が妊娠しやすい身体づくりに役立ちます。
生姜は料理に入れても飲み物で摂っても美味しくいただくことができるので、妊活中はどんどん摂取して下さい。