牡蠣

妊活とホルモン分泌

女性ホルモンは、バストアップやヒップの丸みなど、女性らしい身体をつくる働きをする大事なもので、女性ホルモンをしっかり分泌させることが女性としての機能や美しいお肌や髪の毛などを維持するには不可欠です。
妊活にも女性ホルモンは大きく関係しています。

女性ホルモンは妊娠のメカニズムとも深く関係しています。
女性ホルモンの分泌量は、生理がはじまったあたりから20歳~30歳くらいの時期にピークを迎え、その後どんどん減少していきます。
女性ホルモンの分泌量がピークの時期は、妊娠しやすくなっている時期で、閉経を迎えると卵巣からはほとんど分泌されなくなってしまいます。
女性特有の更年期障害も、女性ホルモンの分泌量が減少することによるホルモンバランスの乱れが原因で、さらに女性ホルモンの分泌量は成長や老化にも大きく関係しています。

最近では20代でも栄養のバランスが悪い食生活を送っていたり、過激なダイエットや睡眠不足や運動不足や過度なストレスなどのせいでホルモンバランスを乱している人も多く、そうすることで肉体的にも精神的にも元気が失われ、妊娠しにくい身体をつくってしまいます。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがあり、この2つのホルモンが一定のサイクルで交互に分泌されています。
月経開始から排卵前後までの期間はエストロゲンが多く分泌され、エストロゲンには卵巣内の卵胞を成熟させる働きや、排卵や受精に備え子宮内膜を厚くする働きもあり、妊娠に大きく関わるホルモンです。

排卵が終り、次の生理がはじまるまではプロゲステロンの分泌量が多くなり、プロゲステロンには受精、着床しやすい環境に子宮内を整える働きがあります。
さらにプロゲステロンは、妊娠を維持させるのにも大きく関わっています。

したがって、女性ホルモンの分泌は妊活に大きく関係していて、妊活中には規則正しい生活を送り、バランスの良い食生活に気を付け、女性ホルモンの分泌を促さなければいけません。

このように、妊活と女性ホルモンの分泌は大きく関係していて、寝不足やバランスの悪い食生活など不規則な生活をしていると、女性ホルモンの分泌量が減少して、妊娠しにくい身体をつくってしまいます。