牡蠣

妊活を始めたらお酒は控える?

妊娠中にお酒を飲むことはいけないことだとわかりますが、まだ妊娠していない妊活中にはお酒を飲んでもいいのでしょうか。
ここでは妊活中のお酒の飲み方について探っていきます。

妊活中の体にお酒が入ると、アルコールは胃・腸・肝臓へと送られます。
その際、活性酸素というものが体内に大量発生し、細胞の良し悪し関係なく攻撃してしまい、妊活中の体に大きな悪影響をもたらします。
結果、体内の細胞は酸化してしまい、卵巣内の卵子に影響を与えます。
そのため、例え妊活に関する取り組みを他の方法で行っていても、精子を受け止める部分でトラブルが生じてしまっているため、一向に妊娠の改善が行えなくなってしまうのです。

普段からお酒を飲まない女性は、妊活中くらいお酒を控えればいいのに、と思う方もすくなくありません。
しかし、男女問わずお酒が大好きな人は大勢いらっしゃいますし、お酒が飲めないことがストレスになる人も少なくはありません。
ストレスを溜めることは活性酸素を増やすことにつながり、妊娠がしづらい体にもなってしまいます。
そのため、妊活中はその他の食べ物・飲み物などでストレスを解消させ、精神的なバランスを保つよう心がけましょう。

妊活中の食事は高カロリーや高糖度のもの、体を冷やすものでなければ、自分が好きなものを食べて問題ありません。
ただし、1日3食を規則正しく食べ、生活リズムを崩さないようにすることが大切です。

また妊活は2人で行うものなので、女性が禁酒している時には男性も禁酒したり、女性の目の届かないところで飲むなど気を遣ってあげることが大切です。

このように、飲酒が不妊に影響していることは科学的には明確になっていなく、妊活中にお酒を飲んではいけないわけではありません。
しかし過度な飲酒は身体や生まれてくる子供の悪影響を与える恐れもあり、不妊の原因としてもありうるという説もあるので、妊活中はできるだけお酒は控えた方がいいでしょう。