牡蠣

妊活には牡蠣

牡蠣エキスが滋養強壮に効果があることはよく耳にするので、牡蠣が妊娠するために効果があることはある程度予想できる人も多いでしょう。
ここでは牡蠣が妊活に効果がある理由についていろいろ探っていきます。

牡蠣には亜鉛が豊富に含まれています。
亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれるほど、精力アップにはとても効果があるアミノ酸です。
男性の不妊の大きな原因は勃起不全や精力減退です。
亜鉛は失われた精力を取り戻してくれる効果があり、精子についての問題も改善してくれます。

亜鉛は男性だけではなく、女性にも良い効果を与えてくれます。
亜鉛は卵子の老化防止効果や生理不順の改善効果があります。
生理不順は精神的にも大きなストレスとなり、妊活中に過度なストレスを受けることは良くありません。
亜鉛を意識的に摂取することで、ストレス解消に役立ち、落ち着いた気持ちで妊活に励むことができます。
他にも牡蠣には鉄分やビタミン類など母体に必要な栄養素をたくさん含んでいて、夫婦共に妊活には高い効果を発揮します。

ただし妊活中の女性やすでに妊娠が判明している場合は、牡蠣の食べ方には注意して下さい。
生牡蠣は食中毒を引き起こすとても危険な食べ物で、特に免疫力が低下している時にはノロウィルスなどにも感染しやすくなります。
流産や早産を引き起こす危険性も高くなるので、妊活中でも牡蠣はきちんと火を通してから口にして下さい。
夏場であれば焼き牡蠣、冬場であれば牡蠣鍋などがよいでしょう。
また牡蠣の味そのものが苦手、という方の場合、サプリメントでの摂取が効果的です。
通常の食事では不足しがちな亜鉛を、小さな錠剤やカプセルで補う事ができます。

牡蠣は海のミルクとも呼ばれていて、その中にはビタミンやミネラルなど豊富な栄養素が含まれています。
妊娠を望む女性にとって、バランス良く豊富な栄養素を摂ることはとても大事なことなので、栄養豊富な牡蠣を食事に摂り入れることはおすすめです。